FC2ブログ

2021-05

祝・ASW30周年 - 2013.08.25 Sun

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。


今日は同じ市民吹奏楽団としてご活躍の安佐北シンフォニックウィンズ様の結成30周年記念祝賀パーティーが開催され、ご招待を受け出席させていただきました。

本当におめでとうございます。

30周年、口では簡単ですが、結成以来、本当に幾多の苦難を乗り越えてのことだと思います。
すごいなぁ。

と言いながらも、乾杯の発声をさせていただた時もお話ししたんですが、くますいもなんだかんだと2年後には創立20周年を迎えるんですね。

立派に迎えられるかと不安ばかりですが・・・。

しかし、本当にASWさんらしいすばらしい祝宴の席にお招きいただき感謝の念でいっぱいです。

これからも私どものお手本としてがんばっていただきたいと思います。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集 トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


需要と供給 - 2013.08.21 Wed

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。

需要と供給のバランス。
商売ではなく(笑)

日本も音楽大学・音楽系学部または学科を有す大学や
専門学校が増えました。

また吹奏楽系に力を傾注する学校も多いように思います。

もちろん「音楽大学に進みたいです」とか
「楽器業界に興味があります」とか
まぁ関わっている我々はうれしい想いでもあるのですが
正直、需要と供給のバランスは・・・。

吹奏楽指導者養成のコースもあったりしますが
学校の先生は部活より、学力指導、生徒指導がほとんどです。

音楽に限らず、大学の数や専門学校の数は
日本は過多な状況ですよね。

大学全入時代に突入し
大学が余っている。

音楽大学へ進んで卒業後、自身はどうなりたいか。

先日も在京の奏者の方とお話しする中で
音楽大学も中高の吹奏楽の部活の延長になってきて
音楽家や教育者を育成するという本来の目的から
外れて行っているように見えるとお話しされていました。

もちろん、進学して好きな音楽を学ぶことはとても良いと思います。

しかし、それだけお金と時間を費やして進んだからには
その分、上を目指して欲しいと思うのです。

たとえば、パリのコンセルヴァトワールは定員を増やしません。
それは学んだ人みんなに仕事が行き渡るようにというしっかりとした方針があるからです。

これは音楽界のみならず、日本の社会にもあてはめないといけないのではないでしょうか。

前にも書いたことはあるのですが
全員エリートにする必要はないのです。

グローバル化を学生全員に求める必要はないのです。

国力、学力、労働力。
それぞれを維持していく、向上していくためには
大学や専門学校などの数も少なくし
狭き門でいいと思います。

日本の産業を支える街の工場の人が多いほうがいいに決まっています。

すべてバランスが大切。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集

トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


コンクール終了 - 2013.08.13 Tue

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。


吹奏楽コンクール県大会終わりました。
7日間に及ぶ県大会。
審査員の先生方、運営を担われた連盟のみなさま、使役の高校生のみなさん、学校の先生方。
そして何より練習の成果を一生懸命発揮してくれた出演者の皆さん。
ありがとうございました。

もちろんレベルの差や地域の格差などありますが
それはそれ。

一生懸命な姿は伝わりました。

A部門では課題曲があるわけですが
課題曲の仕上がりが中々うまくいかないように感じられました。

これはもちろん自由曲に取る時間が多いのが現実的に見受けられますが
課題曲自身にも課題が多いのも実状だと思います。

課題曲ですからいわゆる教科書的な位置づけでないといけないわけですが
これがどうもここ数年の流れでは、無理のあるつくりだったり
中学生に理解させることが中々難しいつくりだったり。

課題曲の選考も課題であろうかと思います。

公募にこだわるのも分からなくもないですが
選択肢となる曲数も3曲くらいで良いかもしれません。
委嘱を2曲、あとは公募1曲で。

新たな楽曲開発も良いですが
コンクールだけでなく様々な演奏シーンで末永く使われる楽曲にしなければ勿体ない。


さあ、コンクールも終わり
私もようやく盆休み。

明日は早起きです。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集

トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


再び会場入り - 2013.08.12 Mon

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。


今日から吹奏楽コンクール県大会もクライマックス。
中学校A部門。

とりあえず、のっけから朝一、くますい顧問の先生の学校。
熊野町勤務中も朝早い記憶がw

夕方までサポートやら鑑賞やら。


しかし、上位常連校はやはりそつがない。
目立つミスを絶対にしない。

そこがやはり違いますね。


ただ、コンクールなのでやはり競争。
そこをクリアしなければ上位進出は難しい。

抜群の安定したサウンドも然り。

ただ、コンクールを聴いていて思うのは
やはりうまいだけではなく、好感が持てる演奏というのが
評価の差にはなるかなと感じます。

技術的に足りないバンドでも
好感の持てる演奏しているバンドはやはり聴いている側も心地よい。

音楽では「好演」という言葉が存在します。

「好演」です。
決して巧い演奏ということではないんですよね。

好感が持てる演奏。

そこなんだと思います。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集

トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


コンクールまっただ中 - 2013.08.09 Fri

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。


吹奏楽コンクール県大会まっただ中。
今日は小編成部門2日目。

お世話になっている学校、地元中学校の応援と終日会場入り。

まずは熊野中学校さん。
久しぶりの小編成県代表で中国大会出場が決定しました。

おめでとうございます。

とても素直なサウンドで好感のある演奏でした。

また、お世話になっている高校も3年連続での中国大会出場を決めました。
こちらもおめでとうございます。
盆明けすぐに大会ですので、短期間で修正そして伸びしろのある部分をきっちり伸ばしていかなければ。

まだまだコンクールは続きます。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集

トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (21)
お知らせ (7)
くますい活動日記 (734)
時事 (133)
日常 (634)
吹奏楽 (129)
エンターテイメント (64)
楽団秘話 (7)

最新記事

ツイッター

最新コメント

月別アーカイブ

モバイル用QRコード

QR

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR