FC2ブログ

文化の違い

最近ジュースやミルク入りのコーヒーを飲まなくなった。

年を重ねるにつれ甘い飲み物が苦手になりつつ…。

最近はもっぱらウーロン茶・緑茶・そして紅茶。


紅茶と言うとイギリス。



ロイヤルホースガーズ

↑センター手前が前にも紹介したロイヤルホースガーズ。はっきり言ってお城です。手前はテムズ河。



ロンドン2

↑街中にはこんなおじ様もいます。



Mammamia

↑演劇の本場・ウエストエンド!街のいたるところに劇場。観劇三昧。



バッキンガム

↑バッキンガム宮殿前広場。近衛兵交代式では人だかり。騎馬警官が警備していますが整然と待機しないと騎馬警官に怒鳴られます。



コールドストリーム

↑バッキンガム宮殿といえば、女王陛下の軍楽隊「英国近衛歩兵コールドストリーム連隊軍楽隊」。カッコいい。日本は宮内庁にある楽団というと、雅楽…。でも洋楽も雅楽奏者の方たちが宮中晩餐会などで演奏されます。もちろん管弦楽器です。雅楽パレード…。風情はあるができないか!?



で、紅茶でしたね。


紅茶。僕自身は通常ストレートです。ミルクティー、レモンティーもあまり飲みません。

ヨーロッパ、とりわけロンドンでは紅茶を頼むと一般的にミルクティーが出てきます。それと基本的に紅茶は頼んだらティーバッグで出てきます。日本みたいにポットに入れたり、最初からカップに入れては出てきません。

イギリス ウィタードイングリッシュローズティー2缶セット【011-643】
¥4,410
三洋堂

イギリスの紅茶といえば、ウィタード。↑はホワイトローズという、ダイアナ元妃をしのんで作られたもの。中国茶にマンゴーとパパイヤの香りを付け、バラの花びらをプラスした珍しい逸品です。紅茶は味というより茶葉の香りを楽しむものですね。



ついでに水。飲食店で水は日本の場合タダですが、海外は通常有料です。イギリスではスティルウォーター、スパークリングウォーターがあります。スティルのほうは通常の水でスパークリングは炭酸水です。場合によってミネラルウォーターと頼むと炭酸水が出てくることがあります。いちいち「Without Gas」と伝えなければなりません。そして再度言いますが、水は有料です。さらにロンドンは公共トイレも有料です。地下鉄駅などは一部無料ですが、トイレに行くのに20ペンス、約40円です。



日本とヨーロッパの違いが結構楽しめます。文化の違いは面白い?怖い?




では。

がくちょう

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR