FC2ブログ

東北地方太平洋沖地震

 
がくちょうです。


このたびの東北地方太平洋沖地震で
尊い命がたくさん失われました。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに
ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。

また、甚大な被害が広範囲におよび
被災された皆様には衷心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震はM8.8という観測史上、我が国最大の地震となりました。
震源が沖合であり
10mにも及ぶ大津波が観測され
報道にもありますように
多くの家屋や船舶、車両等が無残にも流され
そして多くの人がのみ込まれました。

先日はニュージーランドで多くの方が犠牲にあわれ
また我が国の方々の尊い命も
遠い土地で失われたのもまだ記憶に新しいところです。

そのニュージーランドでの悲惨な出来事があったばかりですが
我が国でも多くの犠牲と被害が生まれました。

自然災害は多くの科学力や生産力をもつ人類においても
どうすることもできないことがまざまざと見せつけられました。

そしてこの大きな被害が出たときに
何が救いか。

それは人と人のつながり
人の優しさ、助け合いの心です。

この手の大きな災害時には
世界でも略奪や人間に対する暴力行為が見受けられます。

しかし、日本では大きく見受けられることはありません。
国民力の高さとも言えるでしょう。

われわれは何の力にもなることができないと痛感していますが
どんな些細なことでも
被災者の皆様の励ましとなれることがあると思います。

私たち熊野吹奏楽団も10年前、
平成13年に芸予地震でM6.4、熊野町では芸予地震最大震度となる
震度6弱を経験しました。

芸予地震も3月でした。

平成13年3月24日、15時28分。
当楽団は午前中に
公民館の主催事業「春休みこどもフェスティバル」の本番をこなし
午後からは夜に開催予定の「楽長杯アンサンブルコンテスト」に向けての
練習を行っていました。

大きな地面のうねる音が聞こえた直後大きな揺れを感じたことを思い出します。

しばらくは余震が続き
多くの町民が夜眠れない状況になりました。

このたびの地震は
被害の差があまりにも大きく
私たちの想像を超えるものですが
どうか被災者の皆様のコミュニティーが確立し
励ましあい、そして助け合って
復興に向けて支えあってほしいと願います。

まだまだ寒さが残る季節、お体には十分ご留意され
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


熊野吹奏楽団
楽長 長野広幸
スポンサーサイト



テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR