FC2ブログ

大学の必要性


がくちょうのつぶやきはこちらから!


どうも~。
がくちょうです。


大学全入時代!


って、いまや高校も全入時代!


日本の将来は大丈夫だろうか…。


高度経済成長。
あの時代は大学に全員が入れる時代でもなく
大学出身者はしっかりと企業をリードしたり
専門分野で活躍したり。
大学出身者でない方たちは
しっかりと現場で底力を発揮したり
野心を持って起業したりと日本の経済を支えた。


いまや競争心のない時代。


大学全入。


みんなが学者になっていくのか?


んなわけはない。


就職するまでの予備校状態。

競争心を育てなかった日本。


夢を持ってその道を進もうと専門の学科に進む。


しかし、その後さまざまな要因で挫折してあえなくその道を去る。


費用対効果の悪いことやら。


大学って「社会勉強じゃ」とか
自分らも言われてたけど…。

でもやはり本来は
スペシャリストを養成する場であり
高校卒業後の就職までのゆとりの場ではないと思う。


まぁとにかく大学が多すぎ。

地方にそんなにたくさんの大学が必要なのだろうか。

高校や専門学校卒業の段階でも
目標を持ちしっかりと働けて
安定できる社会づくりのほうが必要ではないのだろうか。

いまの状況だと
いまの20代以下の人たちは
10年20年後には生きて行くのにも今より大変な状況になるだろう。

社会保障は望めない。


なぜなら労働力が低く
税収も社会保障分野の国への収入も確実に今よりは減るわけで
この世代が家庭を持ち
子どもを育て教育にお金をかけ
親を養う。


これは絶望的な話だと思う。


国に社会保障をどうにかしろというが
その前に労働力を上げる環境づくり!

いまの日本人は楽を求める。
自分の楽しむということを求める。
楽しい職場を求めるのも良いだろう。
楽しい職場には限界があることもある。
成長力が欠ける可能性も。

キャリア教育はそういったことをしっかり行うべきでもあるだろう。


いまはまだ高度経済成長世代の貯金で
日本は回っているということは忘れてはいけないんだと思う。


ありがとう!
おとうさん、おかあさん(笑)



では。
がくちょう





==================================================
熊野吹奏楽団
ファミリーコンサート2011

==================================================
2011年6月19日(日)
13:10開場/13:30開演
熊野町民会館ホール
入場無料・全席自由

■特別出演■
熊野中学校吹奏楽部(指揮:田村悦子)
熊野東中学校吹奏楽部(指揮:出資能)

<曲目>
全日本吹奏楽コンクール課題曲
夜空を輝らすオリオンの月の小舟(樽屋雅徳)
スーパーマリオブラザーズ
ドラゴンクエストによるコンサートセレクション
ほか

熊野吹奏楽団ファミリーコンサート2011

==================================================



<< がくちょうのつぶやき更新中 >>


♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
がくちょうのたわごと ~熊野吹奏楽団~-楽員募集中 広島県・熊野吹奏楽団 団員募集/フルート・ピッコロ奏者募集 トランペット奏者募集
(PC用)くますい楽員募集情報


スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR