FC2ブログ

3.11 忘れてはならない日


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら



どうも~。
がくちょうです。


3.11


日本にとって永遠に忘れられない一日。

東日本大震災が1周年を迎えました。

あの大惨事による震災が続いて1年。


震災から1年ではないのです。
震災が続いているのです。


東日本大震災チャリティーライブ
(ゲネプロ風景)


そして、今日。
私たちは元くますいの岡田賀江さんがお姉さんの真実さんと結成している姉妹デュオMebius、さらさ、FreeFaceのみなさんとともに、昨年に続き「東日本大震災チャリティーライブ」を行い、演奏させていただきました。


今年も多くの皆様にご来場いただきご支援いただきました。


本当にありがとうございました。


被災地の復興はまだまだ始まったばかり。
報道で流れる風景は、それなりに復興作業が進んでいたりする風景がほとんど。

いまだ手つかずの被災地はたくさんあります。


阪神大震災。

すでに風化が懸念されています。


私は阪神大震災の際、地震発生から1か月たった頃に被災地・兵庫県西宮市を訪れました。

その際、やはり先の見えない被災地を目の当たりにしました。


もちろん、今では街の風景は本当に大地震があったのかと思うほどに復興しました。

けど、今なお遺族や被災者の方々の心の傷は癒えていません。


そしてくますいの拠点である熊野町。

芸予地震で最大震度となった震度6弱を私たちは経験しました。
大きな揺れではありましたが熊野では死者もなくくらべものにならないものでしたが、その芸予地震の揺れでさえ風化していないだろうかと思います。

あの時も、熊野町のがれきの集積所では1年近くにもわたりがれきが積み上げられていました。


震災が続いて1年。
私たちは「もう1年かぁ」と思っているかも知れませんが、被災者、ご遺族にとってはまだ1年しか経っていないのです。

被災地の復興には15年以上はかかると言われています。


まだスタート地点なのです。


これからは被災地の人々が生きていくための応援。

すなわち経済の復興をしていかなければならないと思います。

東北の物を購入し消費し。
雇用の機会の増大を応援しなければなりません。


まだまだ日本全体が被災地とともに歩まなければならないと思います。



=========================================================
東日本大震災チャリティーライブ「熊野から東北へ・・・」
2012.3.11. 熊野町民会館ホール
♪Jupiter
♪東北地方の民謡によるコラージュ
♪日本を勇気づける名曲たち
♪ふるさと
♪ディスコキッド
=========================================================


では。
がくちょう






<< がくちょうのつぶやき更新中 >>


♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
がくちょうのたわごと ~熊野吹奏楽団~-楽員募集中 広島県・熊野吹奏楽団 団員募集/フルート・ピッコロ奏者募集 打楽器奏者募集
(携帯用)くますい楽員募集情報
(PC用)くますい楽員募集情報



スポンサーサイト



テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR