FC2ブログ

需要と供給

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら




どうも~。
がくちょうです。

需要と供給のバランス。
商売ではなく(笑)

日本も音楽大学・音楽系学部または学科を有す大学や
専門学校が増えました。

また吹奏楽系に力を傾注する学校も多いように思います。

もちろん「音楽大学に進みたいです」とか
「楽器業界に興味があります」とか
まぁ関わっている我々はうれしい想いでもあるのですが
正直、需要と供給のバランスは・・・。

吹奏楽指導者養成のコースもあったりしますが
学校の先生は部活より、学力指導、生徒指導がほとんどです。

音楽に限らず、大学の数や専門学校の数は
日本は過多な状況ですよね。

大学全入時代に突入し
大学が余っている。

音楽大学へ進んで卒業後、自身はどうなりたいか。

先日も在京の奏者の方とお話しする中で
音楽大学も中高の吹奏楽の部活の延長になってきて
音楽家や教育者を育成するという本来の目的から
外れて行っているように見えるとお話しされていました。

もちろん、進学して好きな音楽を学ぶことはとても良いと思います。

しかし、それだけお金と時間を費やして進んだからには
その分、上を目指して欲しいと思うのです。

たとえば、パリのコンセルヴァトワールは定員を増やしません。
それは学んだ人みんなに仕事が行き渡るようにというしっかりとした方針があるからです。

これは音楽界のみならず、日本の社会にもあてはめないといけないのではないでしょうか。

前にも書いたことはあるのですが
全員エリートにする必要はないのです。

グローバル化を学生全員に求める必要はないのです。

国力、学力、労働力。
それぞれを維持していく、向上していくためには
大学や専門学校などの数も少なくし
狭き門でいいと思います。

日本の産業を支える街の工場の人が多いほうがいいに決まっています。

すべてバランスが大切。


では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら

熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
フルート・ピッコロ奏者募集

トランペット奏者募集

くますい楽員募集情報


スポンサーサイト



テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR