FC2ブログ

公正な運用

facebook
がくちょうのfacebookはこちらから。

友リクお気軽に!(申請の際はメッセージをお願いします、限定公開にしております)


がくちょうのつぶやきはこちらから!
(携帯版はこちら





どうも~。
がくちょうです。



所沢の保育所の「育休退園」問題。


世間はこのことでにぎやかですね。


わが町でも育休になった場合、
3歳児未満の兄姉となる子が通園している場合は退園となります。
 
 
上の子が3歳以上であれば通園できます。


なので、これが普通だと思っています。
 
 
でも今回のニュースの件は
どうであれ子供を預けさせろ!
通わせろ!のシュプレヒコールみたい?
 
 
待機児童の子もいるわけで。
もちろん育休後、自分のところが待機児童世帯になる可能性もある。

そこのところがあの方たちは最も気になる子とのひとつなんでしょう。
 
 
でも、育休の間、その間外のご家庭が待機している。

ここも考えるべき点。
 
 
いずれにしても、現状の保育園の整備状況からして
すべてを納得させる保育を実施できる環境ではないのは
誰もが判り切っていることだと思うんです。
 
 
保育園の数が足りない、資金がない。
 
 
そこだけではない問題。


保育士の成り手がいない。 
 
 
ここが最たる問題。
 
 
でも行政提訴までしなくても。 
 

逆にこの方たちは資金的にも裁判する余裕があるということとなってしまいます。
 
 
本当に苦労して働いて稼いで家庭を守ってという方がたくさんいらっしゃいます。
 
 
それでも保育園に入れなくて仕事もできず涙を流しているお母さん方がいらっしゃいます。


とにかく正直に懸命に生きている方を守る国であって欲しい。
 
 
生活保護や児童扶養手当、児童育成手当、ひとり親家庭住宅手当、ひとり親医療費助成、公営住宅の入居などあらゆる福祉目的の補助があります。

でもこういった福祉関係の補助においても、くぐり抜け、不正やグレーゾーンの方がいる状態。 
 
 
まっとうに生きてる人がバカをみない世の中にしてほしいもんです。


この所沢で提訴された方の気持ちももちろん大切な思いです。


あとは行政がしっかりバランスを取って公正になるよう取り組むしかありません。


世の中、平等はあり得ないので。
 
 

では。
がくちょう









♪楽員ブログはこちら

♪ くますい公式Twitterはこちら


熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。
クラリネット奏者募集
広島県・熊野吹奏楽団 団員募集 サックス奏者急募



<PR>フォレスト楽器Yahooショップ

スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR