FC2ブログ

文化公演

今日テレビで歌舞伎俳優の中村勘三郎 さんのドキュメンタリーをやっていましたね。

途中から見たのですが、歌舞伎の面白さや俳優さんたちの汗と涙、勘三郎さんの歌舞伎に対する思い入れなどとても興味深かった内容でした。



特に襲名披露公演の一環として、中村屋発祥の地とも言われる名古屋市中村区で地元の同朋高校の体育館を利用しての公演はすばらしい!どうしても中村区で公演したいとの勘三郎さんの意向を実現。中村区には劇場などなく、同朋高校の協力で体育館を芝居小屋に臨時改修。スタッフにより歌舞伎小屋に見事に変身させた努力には拍手を送りたいですね。また勘三郎さんの若い世代に歌舞伎を体験させたいという想い…。



ギャル系の女の子やギャル男風な男の子など全く歌舞伎に興味がない彼らが生の舞台に触れ感動し、涙を流す姿。舞台芸術のなせる業です。



音楽では正直言って限界があるけどストーリーがあり、それにそって舞い、演じる歌舞伎や演劇、ミュージカルはやはり芸術を親しませる手段の最大の武器です。



熊野町の文化公演ですが、熊野町主催という名目の文化公演は残念ながら行っていません。熊野町文化団体連絡協議会が町の補助金を受けて毎年文化公演を開催していますが、ここ数年は残念ながら予算の削減のため著名なアーチストを招いての大きな事業はありません。



以前は、バイオリンの辻久子さんやソプラノの佐藤しのぶさん、歌手の中島啓江さん、ギタリストの寺内タケシさんなどの公演も行いました。文団連以外でも落語家の春風亭小朝さん、アグネスチャンさん、まんが日本昔話でおなじみの常田富士男さんなど著名なアーチスト、タレント、文化人の方などが来町し公演を行ってくださいました。



本当に今は予算、予算と言うことで大物を招聘することが困難だったり、補助金の関係でスケジュール調整が開催しようとする数ヶ月前くらいしかできず断念したりと町民にトップクラスの舞台を提供できない状態です。



また町民会館も設計上、本格的な歌舞伎公演やミュージカル公演になると支障があるような始末でなかなか熊野町が謳っている「文化の薫り高い町」というのには至っていないのが実状です。



子どもたちにミュージカルやコンサートなども提供していますが、もっと質の高い中々見ることの出来ないものを提供したいというのが本音です。



知名度がない公演だと町民の方の鑑賞意欲も低く、チケットが捌けない…。知名度があるものは費用がかかる。それなら入場料収益を高めればよいというところですが、町民に低価格で公演を提供しなければならないというしがらみもあったり中々難しい状況です。



広島にいくらでも質の高いものはやって来る。それに行けば良いというある程度の意見も行政にはあるかも知れません。しかし、熊野町の交通の利便性を考えれば、青少年や高齢者はなかなか平日の夜公演には出かけにくいのが実状です。



今思うのは、文化の拠点施設である町民会館ホールの非効率的な状況を改善しなければならないということ。ただ利用率をあげるためにも地域の団体が活発に活動し自主公演をそれぞれが行える体制をつくることも必要です。そして質の高い公演を招致できるよう機運づくりと予算措置を図っていくこと。



勘三郎さんがテレビのなかで言っていました。


「若い世代をいまターゲットにしなければ歌舞伎の将来はない」



スポーツになると行政はしっかりバックアップします。「健康のため」と。

文化になると「趣味の世界」と片付けられがちです。確かに趣味かも知れません。でもその趣味を生かして地域の人々の生活の潤いを与えるのも文化の力ではないでしょうか。



園児や児童はもちろん中学生、高校生、20代、30代の世代にも地域で行う公演に魅力を持ってもらい地域に対する想いをもってもらうためにも勘三郎さんの意見と同じように取り組まなければならないのではないでしょうか。



ぜひ歌舞伎も熊野で公演できるようになってほしいものです。




では。

がくちょう




中村勘九郎 平成中村座ニューヨーク公演「夏祭浪花鑑」完全密着/中村勘九郎
¥4,250
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR