FC2ブログ

春はうれしいことだけではない

今日は熊野東中吹奏楽部の春のミニコンサート。秋の定期演奏会と並んで地域のみなさんに聞いていただこうという吹奏楽部の行事の柱でもあります。



3年生が卒業し、新2・3年生だけの初の演奏会となります。そして顧問のT先生との最後の演奏会。



忙しいながらも取り組んできた成果を部員たちは精一杯披露していました。



アンサンブルではさすが!といわせる素晴らしい演奏をアンサンブルコンテスト以来久しぶりに聞かせてくれました。



また東中といえばコーラスも取り組んでいますが、「千の風になって」を熱唱。いい響きでした。



リハーサル中も、先生は明日から新しい学校へ行かれるにもかかわらず、熱心に指導され、まだ明日からも東中の指導をされるかのように生徒たちに向き合っていました。3年という短い期間、まだまだ教えておきたかったことも多いでしょう。



演奏会で先生は「春は卒業や進学といううれしい季節であるだけでなく、悲しい季節でもあります。このたびに異動で熊野東中学校を去ることになりました。」とご挨拶をされました。本当に予想だにしなかった異動なので部員も、保護者の方々も、そしてくますいの面々もまだまだこれからという時期だったので寂しい限りです。



先生はこう続けられました。「熊野へ来て3年。土台作りをしてきたつもりで、あともう2年はかけてさらに伸ばしてあげたかった。本当に残念でなりません。」と涙を流されました。生徒はもちろん保護者も、地域の人々も涙をともに流していました。



しかし、この財産を受け継いで部員も、わたしたちくますいもこれからがんばらなければなりません。本当に先生にはお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。新任地でのご活躍をお祈りしています。また何らかの形でくますいとのつながりを続けていくことを検討中です。これからもお願いしますという感じです。



そして、明日からはY先生が熊野へ着任されます。Y先生も実績を残されており、また熊野の吹奏楽をリードしてもらえることでしょう。楽しみです。




では。

がくちょう

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR