FC2ブログ

SATに悲劇

いやぁ、長かったねぇ「長久手の立て篭もり事件」。



しかもSATの隊員は殉職という事態…。


とても若い、しかもまだお子さんが10ヶ月ということでなんともいえないですね。



先月も立て篭もり事件があったばかりだし、長崎の市長銃撃事件もあったばかり。

銃が氾濫してます。何の変哲もない町が突然恐怖の町に変貌してしまう。怖い世の中です。



この事件、最初に警官が撃たれ救出までに5時間。


5時間ですよ!同僚が撃たれて5時間も現場に放置しているなんていったいどうなってるんでしょうね。



またSATを配置していながら結局犯人が投降…。




SATの名称は「特別急襲部隊」。急襲どころか長丁場になり警察の説得に応じて投降。



西鉄バスジャック事件でも広島のサービスエリアでSATが登場。、おそらく現場には県警本部などからの指令が出てくるんだと思うんですね。そしてSATも現場にいる。この状態でうまくいけばバスジャック事件などのように解決ができるんでしょうが、どう考えても今回はうまくいっていない。



SATが現場(おそらく捜査一課など)の方針を確認しながらの後方活動をしていた感じがします。もっとSATが迅速に対応できて前面にでれればこんな状態にはなかったんではないかなぁと感じます。バスジャックなど他の事件のときも管轄県警に強行突入支援をしているようですが、SATが出ていってはダメなんでしょうかね?



テレビ見ててもSATがいるのはわかるんだけど、なにやってるのかさっぱり…っていう感じでした。



殉職された方、負傷された警官や犯人の身内の方には気の毒でなりません。



こんなことが怒らない社会になってほしいものです。




では。

がくちょう

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR