FC2ブログ

夢から醒めた夢

今日は厚生年金会館へ劇団四季の「夢から醒めた夢」を観劇に行ってきました。


ファミリーミュージカルから一般ミュージカルへ位置づけが変わるほど人気の演目。



全般にやはりファミリーミュージカル系ですが中身は大変濃いもの、人生って何?というメッセージがちりばめられています。



平日ということもあり子供は少なめでほとんどが大人の客層でしたが大人でももちろん十分楽しめます。




いつもはALSOKホールですが今回はホール存廃問題の影響で厚生年金。



ALSOKの音響のよさはやはり格別だなぁと痛感。



コンサートでもミュージカルでもやはりALSOKがいいですね。



今回の主役キャストは初めて拝見し、俳優さんそれぞれの個性がいろいろ違うなぁと感じながら興味深く鑑賞しました。



やはり舞台芸術っていいですね。瞬間芸術ですから、やはり日々の積み重ねが大切。


われわれくますいも時間を有効に使い、効果的に取り組んでいかないと瞬間芸術の恐ろしさをまざまざと本番で見せ付けられることになるだろうなぁとあらためて思いました。




では。

がくちょう



赤川 次郎, 北見 隆
夢から醒めた夢―冒険配達ノート (角川文庫)
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR