FC2ブログ

もうすぐコンクール

7月も中旬に入ろうとしています。いよいよ吹奏楽界の一大イベント「吹奏楽コンクール」が近づいてきます。


熊野町からは熊野中学校が小編成、熊野東中学校が中学校A部門に出場します。コンクールに向けて今から熱のこもった練習が本格化します。



吹奏楽にはいろいろな大会があり、ここ数年、熊野町の子どもたちは中国大会、全国大会などの出場を果たすなどとてもがんばっています。



日本管楽合奏コンクール全国大会、全日本吹奏楽コンクール中国大会、全日本アンサンブルコンテスト中国大会、全国学校合奏コンクール中国大会など様々な大会で経験をつんでいます。そのためには厳しい練習を乗り越え、勉強との両立など本当に大変だなぁと思います。



でもその苦労を経験することで人間的にも成長して行く姿を見ていると、ひとつのことに全精神を傾け、仲間と切磋琢磨しながら過ごすこの中高校の6年間は本当に意義あるもの、人間教育だと感じます。



朝から晩まで吹きまくり、叩きまくり。でも毎日明るい笑顔で演奏している姿は「子どもってたくましい」と感心させられます。



自分が中学生だった頃…。

何もわからずに入った吹奏楽部。女の子たちに毎日囲まれてのクラブ…。

そんなに甘くはありません。練習、練習、また練習。夏休みは朝から晩まで吹きまくり。


くそ暑い音楽室。コンクール近くになると午後の練習は1年生も音楽室で先輩たちの合奏を見学します。(私は後ろに並んだ机の下にもぐり熟睡していたこともちょくちょくありましたが<笑>)

全学年がひとつの部屋に集まるわけです。自分の頃、東中の部員は80名…。もう蒸し風呂です。合奏講師の先生も広響のO先生やK先生、他校の先生方など何回も来てくださり、熱心に指導いただきました。そんなときは夜19時を過ぎることもありました。本当に夏休みは楽器とともに生活していたという感じです。親とより先生と暮らしていた時間のほうが長いって感じでした。今でも中学時代のハチャトゥリアン作曲の自由曲は嫌いです(笑)。懐かしい思い出です。



いよいよまた子どもたちがグーンと成長する季節がやってきます。



ちなみに熊野中学校、熊野東中学校ともに8月11日、コンクール本番です。ぜひ応援してあげてください。




では。

がくちょう

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR