FC2ブログ

吹奏楽の世界

世界でも有数の吹奏楽大国

ニッポン。



吹奏楽コンクールを中心に

規模・技術ともに発展を続けた

日本の吹奏楽。



国内の学校の約8割が

吹奏楽部を有しているといわれる。



したがって学校中心の世界でもある。



その分奇妙な世界でもある。



学校の吹奏楽が盛んになっているのは

もちろん喜ばしい。



コンクール一辺倒だった

吹奏楽界が

徐々に変わろうとしてきた経緯も

見逃せない。



しかしながら

その方向性がなかなか定まらない。



世界最大規模の組織

「吹奏楽連盟」。



全日本本部の下

各支部連盟、各都道府県単位の会員連盟。

そしてその下にある地区連盟や

部門別連盟。



そのほかにも日本管打・吹奏楽学会や

日本吹奏楽指導者協会、日本高等学校吹奏楽連盟など

吹奏楽発展のための組織がある。



しかし、どれをとってみても

学校現場中心と言わざるを得ない。



確かに、吹奏楽人口は学校現場の

活性化で増えている。



市民バンドの数も増加している。


が、市民バンドは苦労が多い。

入れ替わりも多い。

時にはメンバーの引き抜きなどもある。



もっと、この市民バンドの現状に対し

取り組む組織があっても良いと思う。



また全日吹連ももっと学校卒業後の

生涯学習の場としての市民バンドへの

啓もう活動や

スクールバンドのコンクール以外での

活動の推進やその実績に対しての

評価もしていくべきではないだろうか。

実質は各会員連盟に任せることとなるだろうが

その方針をもっと強く出すべきだと思う。



広島も部門別連盟も必要かも知れないが

地区別連盟も検討が必要な気もする。



部門別連盟ではあまりにも事務的に見えて仕方がない。




では。

がくちょう




★○★○★○★○★○★○★○★○★

新規楽員急募!!!!!!

--------------------------

全パート募集中です。

--------------------------

くわしくは 公式サイトへGO!

★○★○★○★○★○★○★○★○★

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR