FC2ブログ

コンクール終了

コンクールで忙しく更新をサボってしまいました。お久しぶりです。



さて、今日で広島県吹奏楽コンクールが終了しました。

小学校部門2、中学校A部門57、中学校B部門72、中学校小編成部門27、高等学校A部門43、高等学校B部門11、高等学校小編成部門20、大学の部4、職場の部1、一般の部10のあわせて247団体という莫大な数の団体が出場しました。



熊野東中学校は中学校A部門で2年連続の金賞を受賞。1点差でA部門中国大会を逃しましたが数ある伝統校に迫る高得点で金賞・代表次点という輝かしい成績をおさめました。


また熊野中学校は小編成部門で2年ぶりの金賞を受賞し小編成中国大会へ駒を進めるすばらしい結果を得ました。


みなさん本当におめでとうございます。地元のバンド仲間であるくますいも本当にうれしく思っています。



近年広島県の大会では中学校ではA部門の学校数よりB部門、小編成部門の数のほうが増加傾向にあり底上げが必要になっているのかなという状況です。なかなか人数が増えないというところもあり課題は多いのですが、ぜひともA部門の学校が増えて広島県の吹奏楽がレベルアップして欲しいと思います。吹連の抽選会や表彰式でも理事長さんなどが「ぜひA部門に挑戦を」とちょくちょく言っておられますが本当に積極的な団体が増えるといいですね。



今日は一般部門もあり大人のサウンドを楽しみました。近年一般部門は新しいチームがあったりレベルがあがったりと楽しみな部門になっています。くますいはコンクールに参加していませんが、みんな楽しんで音楽をしているんだなぁと感じます。中高生のみなさんが、楽しんでクラブ活動に取り組んで大人になっても生涯の楽しみとして吹奏楽を続けてくれると本当にうれしいですね。



では。

がくちょう

スポンサーサイト



Comment

1 ■無題

金賞をとれるコツってなんなんでしょう・・・

2 ■金賞とるには

難しい質問ですね(笑)学校の場合はとにかく基礎を徹底的に築き上げることが重要です。そして練習量をたっぷり取ること。そして何よりも先生と部員のみんながひとつの方向へきっちりと団結して進むことです。かんたんな方法はないですよね。熊野町の中学校も金賞をとっていますが、基礎に重点を置き、計画性をもって行動しています。練習量は確かにお盆と年末年始の数日そして試験期間中だけと超ハードスケジュールでやっていますが、それでもなかなか代表までの道は険しいのが実情です。やはり気持ちが重要だと思います。がんばってください!
非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR