FC2ブログ

あれから15年

こんにちは。

がくちょうです。



昨日は阪神・淡路大震災が発生して15年の日でした。

くますいが創立された年、1995年1月17日。


亡くなられた6434名の犠牲者の皆様に哀悼の誠をささげるとともに、被災にあわれいまなお苦しまれている皆様にお見舞い申し上げます。


さて、あの日、ボクはオフの日で昼まで寝ていました。

熊野も少し揺れましたが、まぁたいしたことはないだろうと。


で、のんきに昼ころに起きて「笑っていいとも」でもみようかと思い、テレビをつけたらやっていない。

そう、報道特番でした。


画面を見ても何が起きているのかさっぱり。

見た画像は「阪神高速倒壊」の映像でした。


震度7。


想像もつかない数字ですね。



震災から1か月後の1995年2月下旬にボクは高校の卒業生会の派遣事業で被災地に向かいました。

宝塚市・西宮市・神戸市と巡回しました。

一か月たってもまだ復興の姿は程遠く、三宮では押しつぶされた商店街の建物に呆然としました。

訪問した県立西宮高校では校舎を視察させていただきました。全壊の恐れがあるため立ち入り禁止になっている校舎。放置されたままの割れた窓ガラス。

その中で生徒たちは吹奏楽部の練習やソルフェージュを学んでいる生徒たち。苦しい中、学校で懸命にがんばっていました。

帰宅したら真っ赤な車のボディが真っ白。被災のすごさの一部を持ち帰りました。



一昨日放送されたドラマ「神戸新聞の7日間」。


被災しながらも震災と向き合い、当日の夕刊も休むことなく発刊した神戸新聞を描いた作品。

報道機関としての責任、被災者としての苦悩。それに立ち向かったみなさんのドラマ。


広島も同じようなことがありました。


そう、原爆です。


壊滅的な被害を受けながらも、広島中央放送局(現NHK)は翌日からラジオを放送、中国新聞社は3日後から新聞を発行しました。


中国新聞も朝日新聞社に代行発行を依頼し発行が実現したのです。


もちろん昭和20年。デジタル化、オンラインという言葉が存在しない時代に成し遂げた両機関の努力はすごいと思います。



情報はいまいろんな方法で迅速に得ることができます。

テレビは速報が流れ、インターネットやモバイルでも簡単に情報は得られます。

しかし災害時に電気が止まれば得ることはできません。

新聞ももちろんさまざまな被害で発行するためには大変困難になります。

しかし、神戸新聞や中国新聞などのような努力が最終的に活字として被災者に届けられ安心を与えるツールであるのは間違いありません。



人々は「風化」ということに慣れてしまっています。

被災、惨劇、事件。これらは時間が解決という類のものではなく、忘れてはならないものです。「風化」という事態があってはなりません。



関西も広島も長崎も今の平和を若い人たちが感謝し、そして過去をしっかり学ぶ必要があります。


辛い惨劇ですが、我々は忘れてはなりません。



ヒロシマ新聞

ヒロシマ新聞とは、原爆投下で発行できなかった一九四五年八月七日付けの新聞を、現在の視点で取材、編集したものです。




では。

がくちょう




<< がくちょうのなぅ更新中 >>



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次回公演のご案内

-------------------------------------------

●保育所ひかり学園発表会

  2月21日(日) 9:30開演(出演は11時前後を予定)

  熊野町・熊野町民会館ホール

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



♪楽員ブログはこちら



熊野吹奏楽団ではメンバーを急募中です。

がくちょうのたわごと ~熊野吹奏楽団~-楽員募集中 がくちょうのたわごと ~熊野吹奏楽団~-楽員募集 熊野吹奏楽団 パーカッション



厳選美肉お取り寄せ<焼肉工房>

亀山社中 焼肉 計2kgセット【華咲カルビ400g×2、華咲ハラミタレ漬け400g×3 、ハサミ1本】

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

がくちょう

Author:がくちょう
広島県熊野町に活動拠点を置く市民吹奏楽団「熊野吹奏楽団」の音楽監督兼楽長。

訪問者数
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
モバイル用QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR